人気爆発! Vtuber どこまで収益化できているんだろうか?

去年あたりから凄まじい勢いで加熱し続けるバーチャルYouTuber(VTuber)。
もうご説明が不要なほど大ブームですよね。

一番人気のキズナアイの登場以来、どんどんVTuberの数は増えていき、現在では3000人を超える数に。

そして月に200人以上も増え続けているそうです。

どうしてこんなにも人気になったのでしょうか。

今回はそんなVTuverについての記事です。

■キズナアイ チャンネル登録者数 200万弱!

登場から2年で押しも押されぬスーパーアイドルとなっているキズナアイ。

クオリティの高い3Dモデルとかわいらしいボイスや、アドリブの上手な声優。
このキズナアイが元祖世界初のVTuberで現在も業界を牽引役として活動しております。

YouTubeの公式チャンネルで現時点でのデータをとってみました。

A.I.Channel

チャンネル登録者数 1,975,300 人!!

視聴回数 130,754,189 回!!

ビビりました。
登録者の数もすごいですが、メインのチャンネルの視聴回数は億越えですか・・・。

アップしている動画の数も多いので、このくらいは行くわけですね。

YouTubeの広告収入が1回の再生当たり、0.05~0.1円くらいらしいので0.1円と高目に見積もると、1300万円くらいになるんでしょうか。

人気大爆発中のキズナアイなわけですから、Youtube動画広告以外にもテレビ出演やグッズ販売、ライブとマルチに活躍しているので、どれだけ収益を上げているかもう全然想像がつきません。

きっとものすごい稼いでるんでしょうね。

■Vtuberが市場に与える強烈なインパクト

これだけ集客するVtuberを各企業が放っておくはずはなく、積極果敢にストロングバイで投資を予定していてGreeなどは100億投資を発表。

またDeNA、カドカワ、サイバーエイジェントなどの大手企業も次々に参入を発表し、注力してくる姿勢を明らかにしています。

また変わり種なんかだとロート製薬も公式VTuberをデビューさせたのが話題となりました。

【自己紹介】ネバセイココロ っていいます!#00

根羽清(ネバセイ)ココロちゃんというそうです。

 

■個人でも安価で作れるようになるVTuber

また、VTuberを始めるにはある程度のCGの知識が必要でしたが、今年くらいから低価格でお手軽に作れるツールなどがどんどん増えてきています。

Webカメラから表情検出するツール、安価のモーションキャプチャーシステム他、pixvでは誰でも3Dキャラを作成できる無料アプリの公開を7月末に予定しています。

Viroid Studio

YouTube投稿をしたい人は潜在的に存在するはずですが、顔バレ、身バレを嫌がり投稿に踏み切れない人が大勢いると思います。

そんな人たちは自分のVTuberを持てばいいわけですから、こういったツールのニーズは大きいはずです。

これらは特殊な知識を必要としない場合が多いので、参入障壁がグッと下がります。

すでに数も多く、若干飽和気味のVTuberですがこの先もどんどん増え続けていくでしょう。

個人が収益化を考えているなら難しいでしょうが、遊びと考えてやるならやはり面白そうですよね。

それとは別に100憶の資金を投資するような企業は、どのあたりを目指して、収益のあがる事業とするのか、興味が尽きません。

今後もVTuberからは目が離せませんよ!

こちらの記事を書いてからだいぶ時間が経過しましたので、新に2018年秋のVTuberの収益化の状況についての記事を書きました。

併せて、VTuber マネタイズはやはり厳しい現状! 収益化はほぼ不可能?もぜひご覧ください。

VTuber マネタイズはやはり厳しい現状! 収益化はほぼ不可能?

2018年10月21日

株式投資!VTuber関連銘柄と各企業の活発なVTuberの活用

2018年8月8日

Vtuber関連で増えてくるお仕事 転職してVTuberライフを!

2018年7月12日