新規VTuberを支えるお手軽アプリ 「Bot3D Editor」「トピア」 これさえあればあなたも今すぐにVTuver!

増加するVTuber人口に合わせてか、簡単にVTuberを作成できるツールの開発合戦も熾烈となってきているのか、最近ではいろいろな作成アプリのニュースをよく見かけます。

今回はそんなアプリを2つほどご紹介いたします。

■「Bot3D Editor」バーチャルBotYouTuberになろう!

まずご紹介したいのが「Bot3D Editor」
Bot YouTuberになれるというのが売りのアプリです。

あらかじめ登録してあるアニメーションデータを使用して、簡単にキャラモーションが作れる上に搭載されたハンドエディタを使用して、指の細部にまでモーションを作れてしまう優れもの。

ポーズやフェイシャル、カメラアングルなども自由に決められるエディタが搭載されています。

それだけではなく音声とフェイシャルの連動システムがかなり秀悦!

なんと、自分の声のデータやパソコンの合成音声ソフトで取り込んだデータを、
アプリに取り込むと、キャラクターが自動で口パクをしてくれるシステムがついてます!

すごいですよね、しゃべるのがちょっと苦手な人も、この仕組みを使用すれば大丈夫ですね。

多少リアルタイム感がなくなってしまうのは否めないですが、このアプリはじっくりとした作りこみがキモとなるようです。

プラットフォームは現在のところiPhone/iPadのみのようですが、Android版が出るのを期待したいです。

開発元:株式会社heuristic

 

■「トピア」誰でも簡単に3Dアバターが作成および配信が可能!

こちらは「トピア」という、アバター作成および配信アプリです。

まだ事前登録を開始したばかりですが、服や髪の毛などのアバターのパーツを組み合わせて、3Dキャラを作成できます。

豊富なアバターアイテムが揃っているので、誰がキャラを作成しても、それぞれオリジナリティのあるキャラクターになるわけです。

アニメーションはスマホのカメラからユーザーの表情や頭の動きを検知して、画面のキャラクターに反映されるようですね。

また、アプリ単体で配信機能を持っているので、ワンアプリでキャラ作成から配信まで可能です。

なお、現段階ではYouTubeなどアプリの外への連携配信機能は予定しておらず、このアプリの中のみでコミュニュティを楽しむもののようです。

YouTubeを使わない以上、VTuberと呼ぶには何か違和感がありますが、このアプリ単体で爆発的に流行る可能性もありえます。

これの配信者は「トピアリスト」とか呼ばれるようになるのでしょうか?w

事前登録は「トピア」公式Twitterアカウント(@topia_pr)をフォローするだけでリリースから30日以内にダウンロードおよび初回起動をすれば、トピアコイン1200円相当と初期限定パーカーをプレゼントとしてもらえます。

トピア
(画像出典:トピア公式サイトより)

開発元:株式会社アンビリアル
トピア公式サイト

様々な設備やツールが必要と思われていたVTuberも、このように誰でも簡単に作れるようになってきています。

動画の投稿や生配信には、以前から「顔バレせずにやってみたい」という潜在的な需要があり、VTuberやアバターキャラはその需要を十分に満たすものとなりえます。

いずれ、どれかしらの使いやすいツールやアプリがデファクトスタンダートとなり、このシェアを独占していくんじゃないかぁなんて思っています。

「Vカツ」ものすごく完成度の高そうなVTuber支援サービス Steamより配信決定!

2018年7月21日

お手軽にスマホ片手にVTuberになってみよう!

2018年7月9日