【3791 IGポート】第1四半期またもや赤字 でも絶賛赤字幅縮小中! 劇場版フリクリ新作でどうなるか?

■プロダクションIGを擁する【3791 IGポート】赤字幅縮小!

今回はアニメ銘柄に目を向けてみます。

アニメ銘柄自体は少ないですが、すこし気になる銘柄がありました。

先日4半期決算の出た【3791 IGポート】です。

今年2月にNetflixの日本法人と包括的業務提携をしたことでS高になったのが記憶に残っています。

その後の業績はどのようになったのでしょう?

以下の記事を転記いたします。

IGポート<3791>は、10月12日、第1四半期(6-8月)の連結決算を発表し、売上高21億2200万円(前年同期比1.0%増)、営業損益1億4100万円の赤字(前年同期2億2600万円の赤字)、経常損益1億4500万円の赤字(同1億9800万円の赤字)、最終損益1億3400万年の赤字(同1億7800万円の赤字)となった。

増収・赤字幅縮小となったが、映像制作の赤字幅が大幅に縮小したことが主な要因だ。出版事業と版権事業が赤字に転じたこともあり、全体としては赤字が続いた。

(参考:Social Game Info:IGポート、第1四半期は営業赤字幅が縮小 アニメ制作の収益改善 「魔法使いの嫁」の海外販売は落ち着く

映像制作事業は6000万の赤字、ただ前年同期は2億4000万円の赤字。

だいぶ改善してますね。

版権事業は前年同期から赤字転換の8800万円の損失とのことです。

うん、業績改善は図れているのでしょうがやっぱり赤字です。

Netflixと業務提携してもそんなに簡単に赤字は覆せないのですね。

アニメはどうしたところで厳しいです。

チャートを貼ってみます。

【3791 IGポート】の2018年10月12日の日足チャート3791 IGポート プロダクションIG フリクリ オルタナ プログレ

下落続いて7月半ばからは横ばいですね。

やはり、厳しい・・・。

この辺りの銘柄にはあまり手を出さないほうがいいのかもしれませんね。

■フリクリ 劇場版新作! 【フリクリ オルタナ】【フリクリ プログレ】

でも【3791 IGポート】は面白いアニメをいっぱいつくってます!

子会社【プロダクションIG】のHPを見てみたら、えらいものを見つけてしまいました!

いま【フリクリ】の劇場版新作がやっているみたいです。

3791 IGポート プロダクションIG フリクリ オルタナ プログレ

(画像出展:プロダクションIG公式:作品紹介フリクリ オルタナ

フリクリってだいぶ前に流行りましたよね。

僕も一生懸命見てましたよ。

あれは2000年のことだったのか、そんな前だったんですね・・・。

だいぶ時間が空いてますが、『フリクリ オルタナ』、『フリクリ プログレ』の2本立てでいま復活なわけです。

ブルーレイも10月31日発売です。

劇場に行けないファンは買うしかないですね!

当時のファンがどれだけ残っているかわからないですけど、このフリクリの新作には個人的にはちょっと期待です。

僕は株価は買わずに円盤を買おうと思います!