SINoALICE VTuberで起死回生なるか?【3632 グリー】それは最高の「物語」?

VTuberに2年で100憶円の投資を表明するグリー。

2012年のコンプガチャ問題以降、数年不振が続いていますがVTuberについては活発な動きを見せてきています。

様々な業務提携を発表していて、さすがの100憶投資といったところでしょうか。

それではプレスリリースをいくつか見てみましょう。

■3632 グリーが出した最近の業務提携のニュース

グリーが2018年8月に出した業務提携当などのプレスリリースをいくつかご紹介いたします。

グリー、ポリゴン・ピクチュアズとハイエンド3DCG技術基盤の共同開発を目的に資本業務提携

まずは8/2に出たこちら。

3632 グリー SINoALICE シノアリス VTiber 株価

グリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:田中 良和、以下「グリー」)は、国内最大手のデジタルアニメーションスタジオ、株式会社ポリゴン・ピクチュアズ(本社:東京都港区、代表取締役:塩田 周三、以下「ポリゴン・ピクチュアズ」)が実施する第三者割当増資を引き受け、資本業務提携したことをお知らせします。グリーのポリゴン・ピクチュアズ株式の保有割合は、4.76%になります。
(参考および画像出典:グリー公式プレスリリースより

大手CGスタジオのポリゴン・ピクチャアズと提携をして、アニメ、ゲーム、そしてVTuberなどの3DCGの生産性とクオリティアップを図るようです。

グリーはハイエンドCGはそれほど強くないので、ポリゴン・ピクチャアズとの業務提携はそれなりなシナジー効果は得られそうです。

 

Wright Flyer Live Entertainment、キングレコード株式会社と共同出資によるVTuber特化型の音楽レーベル事業会社「株式会社RK Music(仮)」を設立することで合意

3632 グリー SINoALICE シノアリス VTiber 株価
(画像出典:Wright Flyer Live Entertainment公式プレスリリース)

8/3はこちらです。

グリー子会社でVTuber特化のWright Flyer Live Entertainment(WFLE)がキングレコードと共同出資でVTuber特化の音楽アーティストのマネージメント会社を設立します。

サウンド周りの企業もバッチリ抑えています。

 

Wright Flyer Live Entertainment、VTuber「ゲーム部プロジェクト」のIP展開を支援

3632 グリー SINoALICE シノアリス VTiber 株価(画像出典:Wright Flyer Live Entertainment公式プレスリリース)

こちらの8/9の子会社Wright Flyer Live Entertainment(WFLE)の他社IP支援のプレスリリースです。

株式会社Wright Flyer Live Entertainment(本社:東京都港区、代表取締役社長:荒木 英士、グリー株式会社100%子会社、以下「WFLE」)は、「ゲーム部プロジェクト」を運営する株式会社バーチャルユーチューバー(本社:東京都目黒区、以下「バーチャルユーチューバー社」)がVTuber事業として展開する「ゲーム部プロジェクト」(以下ゲーム部」)のIP展開をゲーム部のライセンシーとして支援していきます。

ゲーム部プロジェクトとは2018年3月に活動を開始した、都内の高校にあるゲーム部に所属するVTuberの4人組で、ゲーム実況を中心に活動しています。
WFLEは、VTuberを発掘・育成・マネジメントし、動画番組を企画・制作・配信するプロダクション事業を推進しています。VTuberによる地上波番組を制作・提供しており、人気IPのコンテンツホルダーとの提携によるVTuberの共同プロデュースも実施しています。
(参考および画像出典:Wright Flyer Live Entertainment公式プレスリリース

読んでるとややこしいですが、グリー子会社のWFLEが業務提携をした他社のVTuber事業の支援をしていきます!ということみたいです。

これはIP持ちのコンテンツ事業者の会社を取り込んだことになるのでしょうか。

 

Wright Flyer Live Entertainment、YouTuberを中心としたインフルエンサー事業を提供する株式会社BitStarと資本業務提携契約を締結

3632 グリー SINoALICE シノアリス VTiber 株価3632 グリー SINoALICE シノアリス VTiber 株価
(画像出典:Wright Flyer Live Entertainment公式プレスリリース)

そして8/13がこれです。

株式会社Wright Flyer Live Entertainment(本社:東京都港区、代表取締役社長:荒木英士、グリー株式会社100%子会社、以下「WFLE」)は、YouTuberを中心としたインフルエンサーマーケティングのトータルソリューションを提供する株式会社BitStar(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡邉 拓、以下「BitStar社」)と資本業務提携契約を締結したことをお知らせします。

WFLEは、VTuberを発掘・育成・マネジメントし、動画番組を企画・制作・配信するプロダクション事業を推進しています。人気IPのコンテンツホルダーとの提携によるVTuberの共同プロデュースやVTuberによる地上波番組の制作・提供も実施しています。
BitStar社では、次世代のインフルエンサーの創出を目指し、バーチャルYouTuber(以下「VTuber」)事業を推進しています。
今回の提携を機に、WFLEはBitStar社のVTuberプロデュースをはじめとするVTuber事業を全面的に支援していきます。

今後の具体的な協業内容としては、BitStar社がプロデュースする2DモデルによるVTuberの3D化支援や、収録および配信サポート実施のほか、2019年には複数人のVTuberデビューを共同プロデュースする予定です。
WFLEは、全人類が物理的な制約から解放され「なりたい自分で、生きていく。」というビジョンのもと、VTuberとして生きていける世界を作っていくため、今後BitStar社とともにさまざまな取り組みを展開し、VTuber市場のさらなる拡大へ貢献していきます。
(参考および画像出典:Wright Flyer Live Entertainment公式プレスリリース

BitStar社が運営を行っているVTuberグループ「アマリリス組」など3D化や動画収録や配信サポートを支援していくための業務提携のようです。

こちらも育ち切っていないIPを安値で獲得するのが狙いなのかもしれませんね。

これだけの業務提携を2018年8月の前半の半月間で発表しています。

また他にも配信のプラットフォーム事業にも手を入れているみたいで、こんなアプリも開発しているみたいです。

Wright Flyer Live Entertainment、世界初のVTuber専用ライブ配信プラットフォーム「REALITY」8月7日(火)提供開始

やはりグリーがVTuberを有力な投資案件と判断しているのは確実で、100憶円投資もまんざらウソではないのではないかと思えます。

それでは最近のグリーの株価チャートはどうなっているでしょうか。

 

■3632 グリーのプレスリリースに対する市場の反応と値動き

3632 グリー SINoALICE シノアリス VTiber 株価

こちらが本日2018年8月14日から過去6か月のグリーの株価チャートになります。

う~ん、今回上げたVTuber関連のプレスリリースは市場があまりポジティブには捉えていないようです。

今日なんかザラ場中に年初来安値更新した場面がありました。

市場は100憶円という投資金額には若干のきな臭さを感じますし、VTuberの可能性についてもまだ懐疑的なのでしょう。

たしかにVTuberはまだ海のものとも山のものともいえない状況だし、ホントの意味で収益が出ているのはキズナアイと上位のいくつかくらいでしょうから。

市場参加者が弱腰なのもうなずけます。

でもね、グリーの株価は現在のところとメチャメチャ安いんですよ。
もうね、上場来の最安値付近です。

VTuber事業で一発逆転なんてこともなくもないので仕込み時といえば今なのかもしれませんよ!

それと最後に【SINoALICE ーシノアリスー】というゲームをご存知ですか?

このゲームはスクウェア・エニックスがパブリッシングをしているのですが、開発はグリー子会社のポケラボという会社が行っているみたいです。

『SINoALICE(シノアリス)』現実篇PV

最近よくCMも見かけますし、なかなかよさげです。
(※僕はこれ未プレイです、ごめんなさい。)

このゲームも追い風になるといいですよね。

株式投資!VTuber関連銘柄と各企業の活発なVTuberの活用

2018年8月8日