日経平均続落 ボックス圏推移か?23,000円の壁はやはり超えれず 2018/9/3

■2018/9/3 日経平均は続落で大引けへ

9/3の日経平均は-157.77円(-0.69%)の22,707.38円で大引け

2日の続落です。

TOPIXも-15.4ポイント安の1720.31で終了。

いやはや、日経平均23,000円の壁は分厚いですね。

やっぱりどうしても超えられない。

まだも4度目の正直ならずです。

関連記事:[日経平均8日続伸も23,000円を超えての大引けを迎えらず!2018/8/31]も併せてご覧ください。

日経平均8日続伸も23,000円を超えての大引けを迎えらず!2018/8/31

2018年9月1日

ちょっとチャートを見てみましょうか。

日経平均株価の2018年9月3日時点での半年の日足チャート日経平均 23000円 1570 日経レバ

チャートの青い四角を見てみてください。

23,000円くらいを天井にわかりやすくボックス相場になってしまっています。

23,000円付近でもみ合うのは仕方ないとはいえ、今回も上抜けしませんでしたね。

しかも、これ3か月以上続いちゃってますよ。

最近はトルコリラや米中貿易摩擦問題とかもありますし、ちょっと上抜けしていく材料不足している感じでしょうか。

しかしながら、空売り比率は本日さらに上がって、45.6

だいぶ溜まってきていますね。

一気に上がりそうな感じはしますが、今週はまだ無理かもしれないです。

今日はとりあえず日経平均連動のETF【1570 日経レバ】をすこし買ってみました。

下がったらナンピン予定ですが、売り時が難しいです。

ボックスの上付近で売ればいいか、大幅高までホールドするか・・・。

う~ん、やはり判断が難しい・・・。

さて、どうするか・・・。