米中貿易摩擦解消期待で日経平均大幅反発!?+566.01円【1570 日経レバ】も大躍進!前日比+970円(+5.16%) 2018/11/02

米中貿易合意で摩擦懸念後退! 日経平均大幅上昇!

引いた波は寄せてきます!

2018年11月2日の日経平均株価は前日比+556.01円(+2.56%)の22,243.66円でした。

めちゃめちゃ上げてますね。

これは米中の貿易摩擦懸念の解消に向けてトランプさんが草案作成を指示したらしいんですよね。

日経新聞の記事を転記させていただきます。

2日後場中ごろの東京株式市場で、日経平均株価が急激に上げ幅を拡大。上げ幅は500円に迫り、心理的節目の2万2000円を上回っている。「トランプ米大統領が中国との貿易合意の草案作成を指示した」との一部報道を受けて、米中貿易摩擦の警戒が一段と後退。株価指数先物に断続的な買いが入った。
(参考:日経経済新聞:日経平均、急伸 トランプ氏「米中貿易合意の草案作成指示」報道

これは好材料だったようです。

+556.01円ってのはすごいですね、今年2番目の上げ幅だったみたいですよ。

ちなみに1番は1月4日の741円です。

それでは日経平均に連動するETF【1570 日経レバ】のチャートを貼ってみます。

【1570 日経レバ】の2018年11月2日の日足チャート
日経平均 1570 日経レバ 大躍進

見てください、すさまじい上げ幅ですね。

2018年11月2日の【1570 日経レバ】は、なんと前日比+970円(+5.16%)の19,760円でした。

前日比+970円(+5.16%)ですよ!

こりゃすげ~!

でも、まだ19,760円、リバウンドとしてはまだまだです・・・。

僕の含み損もやっぱりえらいことになってますw

とはいえ、11月1~2日でだいぶ減ってはきましたがね。

う~む、10月は下げました。

本格的に下げだしたのが10月2日くらいで、その時は23000円台だったので、戻すにはまだまだ先の長い道のりです。

そこにきて、今朝起きたらこんなニュースが出てました。

■しかしながら、米中の歩み寄りは簡単ではなく時間がかかる?

米国株、反落 ダウ109ドル安、米中貿易交渉の進展巡り乱高下
【NQNニューヨーク=横内理恵】2日の米株式相場は4日ぶりに反落した。ダウ工業株30種平均は前日比109ドル91セント(0.4%)安の2万5270ドル83セントで終えた。米中の貿易交渉の進展を巡り期待と懸念が交錯し、相場は乱高下した。前日夕に慎重な業績見通しを示したアップルが急落したのも相場の重荷だった。
米メディアの報道などを受け米中の貿易協議が進むとの期待が浮上した一方で、2日にはホワイトハウス高官やクドロー米国家経済会議(NEC)委員長が早期の米中の貿易合意に否定的な見方を示した。米中の歩み寄りは容易ではなく、貿易摩擦の解消には時間がかかるとの見方が改めて意識された。
(参考:日本経済新聞:米国株、反落 ダウ109ドル安、米中貿易交渉の進展巡り乱高下

ホワイトハウスの高官とかNEC(米国国家経済会議)によると米中の歩み寄りには時間がかかるんですってw

ほか、アップルの大幅下げなどを受けてNYダウの下げてますね。

引きずられて日経先物も下げてます。

日経先物のチャート貼って置きますね。

【日経225先物】の2018年11月5日の(11月3日夜間)日足チャート
日経平均 1570 日経レバ 大躍進

あらら、やっぱり250円も下げちゃってます・・・

まぁ続かないもんですね。

米の中間選挙も織り込んでいるみたいですし、今後の展開はなんとなくわかってきてますけど、

来週はどっちだ?

日経平均3日ぶり反落!21,687.65円【1570 日経レバ】も反落の18,790円 2018/11/01

2018年11月2日