日経平均 23,000円突破で大引け! ETF投資[1570 日経レバ] 2018/9/14

■日経平均 23,000円超えて大引けへ

2018年9月14日の日経平均株価はようやく23,000円を超えての大引けを迎えました。

前日比+273.35円(1.20%)の23,094.67円。

厚い壁を一応は突破したと考えてよいのでしょうか。

個人的にはザラ場中の最高値が23,105円であったのは印象的でした。

23,000円を大きく上回ってますからね。

日経平均株価の2018年9月14日時点での3か月の日足チャート
日経平均 23000円の壁 超える 日経レバ 利益確定

そして空売り比率は長く続いた40%以上がついに割れて現在は39.4%。

ちょっと前の記事でも空売り比率について触れていますが、だいぶ落ち着いてきましたね。

この[2018/9/3 日経平均は続落で大引けへ]という記事をみてみると9月3日は45.6%だったみたいです。

日経平均続落 ボックス圏推移か?23,000円の壁はやはり超えれず 2018/9/3

2018年9月4日

この空売り比率の下がり方は日経平均が23,000円を超えたので、売り方がそろそろ手じまいを始めているということなのかもしれないですね。

となると踏み上げ相場になるはずなのですが、なんと僕は昨日、主力として売買しているETF【1570 日経レバ】を半分くらいで利益確定してしまっているんですよね。

9月14日の【1570 日経レバ】は+490円(+2.36%)の21,240円。

21,200円と21,250円の2回に分けてで持っているポジションの半分程度を利確しました。

まぁ、日経平均が23,000円くらいを天井にボックス圏で推移しているという予想の元に、下落したら買い増しを続けていく作戦で今回の売買を進めていたので、23,000円を超えた9月14日時点ではある程度は利確をしなくてはならないというマイルールの元、それに従っての売却です。

でも、14日夜の先物を見ていると、+100円も上げているんですよ!

う~ん、ちょっと利確を早まったかな・・・なんて思ってたりもしますw

この分だと月曜も上げそうですよね・・・と思ったら月曜日は敬老の日で市場はお休みでしたw

3連休持ち越すものアレなんで、利確はあまり後悔はしていません。

むしろ結構利益が出てよかったです。

しかしながらそろそろ市場全体に短期的な利益確定売りがきて、そこが押し目になりそうな感じはしてます。

そうなったらまた買い増しをするかどうか・・・。

さて来週の相場はどうなることやら・・・。