【クラウドファンディング】起案者も支援者も知っていてほしいそのタイプと特徴

クラウドファンディングは国内にかなり浸透してきています。

僕もこの言葉だけなら数年前から知っていましたが、周りに起案者が増えてきているせいか利用方法の話が少しづつ耳に入ってきたりしています。

不特定多数から支援金を集めるので、何かと問題視されることが多いクラウドファンディングですが、低リスクで事業資金を集められることで注目を集めています。

また支援者側、投資者側にもメリットのある仕組み多数あります。

クラウドファンディングには様々な種類があるので、簡単にまとめてみようと思います。

■そもそもクラウドファンディングってなに?

まずはクラウトファンディングがどのようなものか簡潔にご説明します。

クラウドファンディングとは起案者がインターネットのクラウドファンディングサイトで自分のプロジェクトのPRを行い、賛同する支援者を募集してお金を集める仕組みのことです。

■クラウドファンディングの種類

クラウトファンディングには大きく分けて3つのタイプがあります。

それぞれのタイプでリターンとなるものが違うので、起案者側も支援者側もどれを選ぶかは注意が必要です。

以下にタイプをまとめました。

クラウドファンディングのタイプ
  • 購入型(報酬型)クラウドファンディング
  • 寄付型クラウドファンディング
  • 金融型(投資型、株式型、融資型)クラウドファンディング

購入型(報酬型)クラウドファンディング

購入型(報酬型)クラウドファンディングは出資してくれた支援者へのリターンとして、金銭以外のモノやサービスが提供されるタイプのものです。

また出資額によってリターンの内容がランク付けされている場合が多く、高額出資するとより付加価値の高いリターンを得られる場合が多いのもこの購入型クラウドファンディングの特徴です。

もちろん起案者のPR記事が出た段階でリターンが決まっている場合が大半で、支援者はほしいリターンが設定されている金額を出資する形をとることになります。

支援者側としては興味のある商品やサービスを先行予約で買うというイメージが近いでしょうか。

また起案者側としては支援者に興味を持ってもらえる魅力的なプロジェクトと出資した金額に見合ったリターンを用意することが、資金調達の成否につながります。

寄付型クラウドファンディング

寄付型クラウドファンディングは、本当にそのまんまの寄付になります。

支援者は起案者に対して支援金を提供しますが、これに対しての見返りは求めません。

募金と言い換えると一番しっくりくるかと思います。

自然災害の被災地や途上国への寄付などが寄付型クラウドファンディングのメインとなっているようです。

クラウトファンディングでプロジェクトの立ち上げ申請すると、プロジェクトに対しての審査が行われるため、集めた金がどのように使われるかが、明確になるので一定の透明性が保たれるのが寄付型クラウドファンディングを使用するメリットの一つでもあります。

金融型(投資型、株式型、融資型)クラウトファンディング

金融型(投資型、株式型、融資型)クラウトファンディングは支援者が特定の企業などに対して、出資を行いそのリターンとしてインカムゲイン(配当金)などを受け取るタイプのものです。

またリターンは配当金だけではなく、企業の株式が発行されるタイプものがあり、これには非上場の企業株、未公開株もあるので、個人でも小額からベンチャー投資に近いことができることになるので注目が集まっています。

海外の成長国に高利回りで投資ができる【クラウドクレジット】

投資型クラウドファンディングに個人で投資する方法は数は少ないですが、海外の成長国に高利回りで投資ができる【クラウドクレジット】というものがあります。

投資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)は株式市場に影響されにくい、ミドルリスクミドルリターンを狙える魅力的な投資方法です。

クラウドクレジット】は銀行やノンバンクを通さずに資金の貸し手と借り手を結びつけることにより、支援者に好金利を提供します。

1万円からの小額投資も可能です。

投資型クラウドファンディングにご興味のある方はまずはこのあたりから出資してみてはいかがでしょうか。

クラウドクレジット

 

国内の株式投資型クラウドファンディング【FUNDINNO(ファンディーノ)】

国内には株式投資型クラウドファンディングサービス、【FUNDINNO】というものがあります。

こちらは2017年3月に始まったもので去年の市場規模は5憶1,474万円となっています。

クラウドファンディング全体の市場規模から見ればまだ小さいですが、今年度も資金が流入していることもあり、前年比2倍の市場規模になることが予想されています。

また【FUNDINNO】の場合は投資家の1社に対する年間投資上限金額は 500,000円なので、あまり無茶な投資にもならず安心ですね。

国内の非上場のベンチャー企業に投資してみたい方にはこちらもオススメです。

国内ベンチャーへの投資ならわかりやすいですしね。

登録も簡単に終わるのでありがたいです。

FUNDINNO

 

■まとめ

このようなタイプ分けをされているのがクラウドファンディングの現状のです。

一番盛んなのは、やはり購入型(報酬型)クラウドファンディングですが、いずれ法改正されれば、金融型(投資型、株式型、融資型)クラウドファンディングも普及していくことになることでしょう。

国内でのクラウドファンディングの本領発揮は現在検討されているこの法改正からではないかと考えています。

株式型クラウドファンディングが世に浸透すれば、それぞれの分野に詳しい目利きの支援者(投資家)が大きく利益を上げるようになる時代が来るのかもしれませんね。

また、購入型(報酬型)クラウドファンディングでは、起案者は投資者が納得いくようなリターンと、出資者を呼び込むうまいPRが必要になります。

購入型クラウドファンディングのサイトを見ている限りだと、ビジュアルとして見栄えのいいプロジェクトや、いままでにない新しい価値の提供するプロジェクトに支援が集まりやすい傾向にあるようです。

何か素敵なアイディアのある方はクラウドファンディングに起案してみて支援者を募るのも面白いのではないでしょうか。

逆に投資者側なら、クラウドクレジット【FUNDINNO】を利用してベンチャー投資を行うことができるので、成長力のあるベンチャー企業を見つけて投資してみるのも面白いのではないでしょうか。

中小企業 コンテンツ事業者必見! クラウドファンディングで支援金を集めて事業を進めてみよう!

2018年8月18日
FUNDINNO
クラウドクレジット