【クラウドファンディングのすすめ】VRゲーム「東京クロノス」がKICKSTARTERでも目標額達成!

以前、本サイトでご紹介したVRミステリーアドベンチャーゲーム「東京クロノス」がクラウドファンディングCAMPFIREに続き、KICKSTARERでも目標額を達成いたしました。

クラウドファンディング クラファン 東京クロノス MakeS CAMPFIRE ヘキサドライブ(画像出典:KICKSTARERより)

以下、「東京クロノス」の開発会社MyDearestのCEO岸上氏のツイートです。

ということで今回は「東京クロノス」の応援とクラウドファンディングについての記事です。

■秀悦なビジュアルとプロモーション能力で目標額を達成させた「東京クロノス」

KICKSTARERでの合計支援金額は2018年8月16日現在の時点でなんと 8,425,841円。

これはすごいですよね!
あからさまにビジュアルが引っ張ってますね。
キャラデザがとてもすばらしいです!

これを見て支援する人が増えたのではないでしょうか。

どんな業種でも運転資金を調達するのは難しいことですが、ゲームの場合はプレイしないと内容がわからないため、発売前の資金調達はベンチャー企業にはかなり厳しいはずです。

目標額を見事に達成させた開発、販売元MyDearest株式会社のプロモーションにも非凡なものを感じざるを得ません。

そして、この困難な資金調達を可能にしてしまうクラウトファンディングという仕組みにも驚愕してます。

 

■超有力デベロッパー「ヘキサドライブ」もCAMPFIREで目標額を大きくオーバーしていた!

国内のクラウドファンディングでCAMPFIREというものをご存知でしょうか?

このCAMPFIREは購入型クラウドファンディングと呼ばれるもので、支援者へリターン(見返り)として、金銭以外の、物やサービスなどを提供するタイプのものです。

今回の「東京クロノス」の場合だと、支援金額の大小によってランキングされたグッズをあげたり、支援者を開発の会議に参加してもらってゲームへのご意見を反映したりなどが、支援者へのリターンになっているようです。

この辺の仕組みはコンテンツ制作にはピッタリの仕組みですね。

CAMPFIREに他にどんな投資案件があるか少し調べてみました。

・・・なんとびっくりヘキサドライブの案件が見つかりました!

きっと朝が好きになる!『MakeS -おはよう、私のセイ-』応援プロジェクト!

こちらの募集はすでに終了しておりますが、集めた支援総額は30,602,075円!

さすがのヘキサドライブです、100万円目標で桁違いの3千万オーバー・・・。

ちなみにヘキサドライブという会社は関西圏のでかなり有名な開発会社で、すさまじい技術力を誇るゲームデベロッパーです。

これだけの支援が集まったのは、有力なヘキサドライブが開発していることや、すでにリリース中の「MakeS」のVR化ということだからでしょう。

集めたお金は開発費や本年度のTGS(東京ゲームショウ)の出店費用に使うとのことです。

いやはや、すばらしいですね。

なにがすばらしいかというと、このクラウトファンディングで資金を集めるということは、ユーザー自信が【自分の好きなもの】【応援したいもの】に対して投資することが可能になる点です。

このようにして資金が集まるのは、ユーザー、コンテンツ事業者の両者にとってWin Winなことですから。

有望な中小ゲーム会社はこういった仕組みを利用してどんどんいいゲームを作ってほしいものです。

クラウドファンディングで集めたお金で、過去の隠れた名作ゲームのリメイクなんかが出てくれるといいのになぁ、なんて期待が膨らんでしまいました。

VR「東京クロノス」がクラファンでたった17時間で目標額達成!

2018年7月12日