ロボアドバイザー(AI投資)のすすめ ほったらかし投資で資産運用!【WealthNavi(ウェルスナビ)】

「AIが発展することにより多くの事が自動化されて人間の仕事がなくなる!」なんて話をよく聞くようになりましたが、逆にAIを利用することにより便利になることもたくさんあります。

たとえば、投資分野においてはAIに投資判断をゆだねて分散投資を行うサービス、【ロボアドバイザー】というものがあります。

人間が売買するわけではないので、感情的なもので自身の定めた投資ルールの邪魔をすることなく運用できるので、投資方針を厳守することが可能です。

ロボアドバイザーと呼ばれるものはかなり前からありましたが、近年はだいぶ一般的になり、サービスを行っている会社も急増しています。

AIを利用して楽して資産運用することが可能な世の中なのです。

「AIに仕事を取られる!」とネガティブに悲観している場合じゃないですよね!

今回はそんなロボアドバイザーのご紹介いたします。

ロボアドバイザーってなに?

ロボアドバイザーとはAIや投資アルゴリズムを利用したロボットが投資家に対して投資助言を行うサービスのことです。

また助言だけでなく、その後のリバランスなども投資家に代わって自動で運用してくれるものあります。

投資のすべてを任せるファンドラップのようなものなのですが、運用自体を行うのはアセットマネージャー(人間)がやるわけではなく、ロボットが行ないます。

適切なポートフォリオを組むことはもちろん、再投資の判断もロボットが行ってくれます。

人の手を介さず、ロボットが投資判断をしているため、極めて細かな運用を低コストで実現できるのがロボアドバイザーの大きなメリットです。

ロボットといっても、もちろん人型ロボットのことではありませんよ、普通にコンピューターですw

ロボアドバイザーは【ほったらかしのお任せ投資方法】として近年注目を集めています。

※【ロボアドバイザー】と呼ばれているものの中には厳密にはAIとは言えないもの一部あります。
しかしながら優れた金融アルゴリズムを搭載しているロボットである場合が大半です。

ロボアドバイザーの種類は2タイプ

ロボアドバイザーには2つのタイプがあります。

1つは提案から実際の運用まで、すべてを自動で行ってくれる【運用一任型】。

この【運用一任型】は信託報酬とは別の運用コストがかかることが多いようです。

運用一任型のメリットとデメリット

〇最適なポートフォリオを提案および投資を実行

〇買い付けやリバランスも自動で行う

×コストがやや高い

もう1つは提案のみを行い、実際の投資は投資家自身が行う【アドバイス型】。

【アドバイス型】は投資家(利用者)へのいくつかの質問を通じて、適切であると判断されたポートフォリオを提案してくれます。

アドバイス型のメリットとデメリット

〇コストが安い

〇NISA口座が使える場合が多い

×買い付け・リバランスは投資家自身が行う

ロボアドバイザーのメリット

続いてロボアドバイザーを使うメリットについてです。

たくさんありますので、いくつかわかりやすいものを挙げてみます。

長期投資を簡単にスタートできる

資産運用していくには、さまざまな準備や予想などをしなくてはなりません。

例えば株式投資で個別銘柄に長期投資するなら、現在の相場や投資する銘柄の成長性や将来性などのファンダメンタルを熟考した上で投資する金額や銘柄を選択する必要があります。

しかし、運用一任型のロボアドバイザーなら決められた投資方針に従って自動で投資をしていくので、投資家が行うことはほとんどありません。

また、インターネットで口座開設の手続きができるので、手間いらずで投資スタートを切ることが可能です。

小額からでも投資が可能

ほとんどのロボアドバイザーは小額からの投資が可能です。

最低1~10万円程度からが主流ですが、なんと千円が最低初期投資額となっているものもあります。

ロボアドバイザーがどのようなものか、お試しで投資するものこの程度の少額であれば安心です。

自動で再投資およびリバランス

ポートフォリオを自動で最適に調整するのがロボアドバイザーの真骨頂です。

ポートフォリオ配分を手動で調整する手間を省いてくれます。

ロボアドバイザーのデメリット

今度はロボアドバイザーのデメリットです。

やはり投資ですのでリスクも存在します。

運用にはコストがかかる

これはロボアドバイザーに限らず、普通の投資信託などでも同じことですが運用には費用が掛かります。

ロボアドバイザーでは投資資産に対して年間1%程度の手数料がかかるのが通常のようです。

マイナスになることもある

こちらもロボアドバイザー特有のことではないですが、利回りが必ずしもプラスになることはありません。

AIで運用しているとはいえ投資を行っている以上、こればかりはどうしても避けられないことです。

短期投資は向いていない

ロボアドバイザーが投資対象としているものは株式、債券、リート、コモディティと様々ですが、これらはすべてインデックス投資です。

インデックス投資は長期的な運用を想定しています。

ほとんどのロボアドバイザーが積立投資をすることを前提に設計されていることでもわかりますが、インデックス投資は短期売買には向いていません。

ロボアドバイザーを使うなら余剰資金を長期ほったらかしで増やしていくことを考えるのがよいでしょう。

オススメのロボアドバイザー【WealthNavi(ウェルスナビ)】

最後にオススメのロボアドバイザーと1つご紹介いたします。

今回ご紹介する運用一任型のロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)は近年でもっとも運用成績がいいようです。

預かり資金は1000憶を突破をしており、利回りのよさも相まってとても人気があります。

低コストの海外のETFに投資を行うことで約50か国11,000銘柄以上にグローバルな分散投資が可能です。

最低初期投資額は10万円からで、毎月の積立金額は1万円から可能です。

手数料は3000万円以下の預かり資金の場合は1%のみで、完全に中立な資産運用を行っており、利用者の資産を増やすことでWealthNavi自身の収益を増加させることを目標にしていて利用者との利害が一致しています。

3000万円以上の手数料は預かり資金の0.5%とさらにリーズナブルになります。

登録も簡単にできてしまうのもいいですね。

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

このようにAIなどを使用した便利なものが増えてきています。

投資に限らず、一般にも使えるものが増えてきているので、どんどん便利な世の中になっていくでしょう。

いいものが出てきたら利用しない手はないです。

AIには「仕事がとられる!」などと恐れずに立ち向かいどんどん利用してやりましょう!

※繰り返しなりますが【ロボアドバイザー】と呼ばれているものの中には厳密にはAIとは言えないものもあります。
ロボアドバイザーという単語がAI投資を指すということではありません。
必ずしもAIではないですが、優れた金融アルゴリズムのロボットが独自の投資判断で提案および運用を行うのが【ロボアドバイザー】です。

海外ETF 狙い目は米株式ETFだったのか? 日経平均とダウ平均の過去3年を見比べてみた

2018年8月7日

また、たくさん種類のあるロボアドバイザーをわかりやすく比較する記事を書きました。

関連記事:[ロボアドバイザー徹底比較!実績、評価でオススメはどれなんだ?]

こちらでは人気のロボアドバイザーやオススメのロボアドバイザーをご紹介させていただいております。

ぜひ併せてご覧ください。

ロボアドバイザー徹底比較!実績、評価でオススメはどれなんだ?

2018年9月16日